読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名前が決まっていないblog

購入記録メインになりつつあるブログです

HCK DZ7のレビュー

HCK DZ7のレビューです。このイヤホンはAliexpressのセラーであるHCKが販売している6BA+1Dのハイブリッド型イヤホンです、私はHCKから購入ではなくフォロワー様から譲って頂きました。DZ7は最近アップグレードが行われ、ダイナミックドライバーが大型化、付属ケーブルが高品質な物に変更されています。私がレビューするのは変更前の製品になりますのでご注意下さい(リンク先は仕様変更後)。

再生環境ですがDAPはOPUS#1、音源はいつも通りアイマス楽曲を使用しました。

www.aliexpress.com

f:id:satoimo_350:20170415081922j:plain

イヤホン本体や付属品について

7個のドライバーを搭載しているイヤホンにしては小型で装着感も良いと感じました。遮音性は音抜けの穴が一箇所空いているのでそこそこで普通のカナル型イヤホン程度だと思います。

筐体ですが気泡はありますが透明度は高く中々綺麗な仕上がりです、ドライバーの配置も確認できます。

付属品はイヤーチップが多数とハードタイプのイヤホンケース、ソフトタイプのイヤホンケースです(私はフォロワー様から譲って頂きオマケを付けてもらっているので間違っている可能性があります)。

音について

音は柔らかな濃い音でとても良いと感じました、特にボーカル物を聴く方は気にいると思います。一方で低域は薄めなのが気になる点ではあります。バランスとしては中域≧高域>低域で、解像度も高く音場も広く感じます(表現として適切かわかりませんがコンサートホールの中央で全体を端から端まで見渡している印象です)。

低域は控えめでやや軽く感じます、しかし軽快な表現が得意なので高速ドラムの音などでゴチャゴチャした感じはしないです。

中域がこのイヤホンでは最も特徴的な音でとても濃い音が鳴ります。音場の広さと相まってユニット楽曲も得意だしバラード、男性ボーカルの力強い表現も個人的にとても良いです。

高域も中域と同じくらい出ていて伸びもある鮮明な音です、付属の2段フランジイヤーチップでは刺さりもなく埋もれる感じはしません。

音については中域の濃さが目立ちますが高域もしっかりでていますので女性ボーカル楽曲はユニット、ソロ問わず相性が良いです。一方で低域が相対的に薄く感じるのでEDMである程度低域が出て欲しい「Hotel Moonside」は不利に感じました(けど奏さんのボーカルを聞きたい時は最高ですよ)。

最後に

多くのドライバーを積んでいるイヤホンですがバランスの破綻も無く濃い音がとても気に入りました。中華イヤホンとしては高価な製品ですが作りも良く、付属品も多数ありますので満足度は高いです。

仕様変更で現在は入手が難しいかも知れませんがHCKは柔軟に対応してくれるセラーなので気になった方は問い合わせしてみるのも手かと思います(連絡をとる際は自己責任でお願い致します)。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。